上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今のところ推理方法は全部で5回の予定だったりします。
 

イメージとしては年末の大掃除とかでしょうか・・・それも物を捨てられるお母さんです。
ぽいぽいと推理を捨て、残ったもっともらしい推理を正解とする方法です。

これも経験が重要視される推理法ですね、元の井戸となる推理に水がどれだけあるか・・・
また違和感を元に、レアケースをどれだけ捨てないでいられるか・・・
と言うことに、空気な人と鋭い人の境界がある推理方法だと思います。


この推理方法の最大のメリットはセオリーと言ったものに強いことでしょう。
騙りをやった事があり、そこで負けたことがある方なら分かると思いますが
この時こうすればよかった・・・と言うのはよくある話です。

そう言った取りうるあらゆる行動の比較を行い、可能性の低い方法を推理から消して
より可能性高い方法を残していき、残った推理方法を正解と導いていく・・・その結果何が残るか?
そう、いわゆるセオリーと呼ばれる方法が残るのです、これが最大の強みだと思います。

逆に最大の欠点は奇策全般に非常に弱いと言う事ではないでしょうか。
前に語った通り奇策の基本は人外なら~しないと言う思い込みの利用です。
最も捨てられるべき推理を利用していますからね。


ちなみにこの推理方法は最も安定した推理方法だと思っています。
私がこの推理方法をメインで行っていた「ぱんたろん」で勝率5割ずっとキープしてましたからね。
初心者や、中級者を自称したい方には是非ともお勧めしたい推理方法だったりはします。

ただこの推理方法には、その先が無いのではないか・・・と感じています。
村の楽しみが、勝った負けたか、知人友人が村に居るかどうかのゲームになるのではないかと思うのです。

そこから一歩進んで所謂廃人と呼ばれるような人は、自分にあった推理法を身に付け
勝敗よりも過程を楽しんでいる人が多いと感じています。
・・・例えとしては問題が非常にあるような気がしますあひゃひゃ。


とことん勝敗に関する戦術を突き詰めたい・・・とりあえず勝てれば何でもいい。
そう言った方には非常に向いている推理方法です、参加して経験が増えるだけ推理の土壌も増えますし
アベレージで最も勝率が高い推理方法だと言い切れます。
私のこの文章そのものが負け犬の遠吠えに見えませんか?
何と言っても勝てば官軍です、負けて良いなんて人は、それこそリア狂ですからね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekokari.blog107.fc2.com/tb.php/59-3de05925
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。