上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3部作の完結となりますが、実際の村では
ここまでやる必要は実際に無い事が多いです。

ステップ3~昼夜ともにに2視点で推理する
・昼は村人視点と狼視点でで推理をする
・夜は村人視点と狼視点で推理をする


これを身に付けることによって得られるメリットは2つ。
・破綻が出た場合すぐに気が付く
・狼に近い情報量で推理をすることが出来る可能性がある
と言うものになります、推理の幅としては最大でしょう。

しかし、ここまで行うと大きなデメリットも存在します。
一言で言うなら死ぬほど怪しくなります、本人にとって推理の結果ですが
配役や噛み先を事前に知っているかのような発言が増えがちで
非常に怪しまれることになります。

狼と同じように推理や情報を隠しながら発言しては推理の意味がありませんし
そのまま発言すれば他の人に怪しまれたり、狼の噛まれ候補になりがちです。

つまり村人アピールの必要なグレーでこの推理はデメリットが多いのです。
なにより推理が正しいと言う保証は全くありません。
逆に共有や確定○の場合はステしてでもこの推理を推し進めてかまいません。

吊られる心配が無い上で踏み込んだ推理は重要です、
ただし、あまり早い段階で正解にたどり着かないようにしましょう。
狼にとって真相にたどり着いた確定○は邪魔なだけ、噛み対象にすぎません。

と言うわけでステップ3は応用編と言うか
確定○になって改めて考える程度で十分だと思います。
つまり、ステップ3で身につけておきたい技術は以下。
・自分の立場を見切った上で、その範囲内で推理をする
・確定○になったら、自分が何処まで情報を得ているか公開しない

の2つになります、人狼は正しい事を言う人が勝つゲームではありません。
自分の立場を理解し、その中で出来ることを最大限探しましょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekokari.blog107.fc2.com/tb.php/14-4cbbbfbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。